教材2冊でハン検3級一発合格した勉強方法とテキストを紹介

脱OLのM ハン検3勉強法雑談
スポンサーリンク

あにょはせよ!脱OLのMです。

検定や試験に全く興味の無かったのオタクの私ですが、勉強のモチベと自分のレベルを試すため、人生初、2021年春季第55回ハングル能力検定試験3級を受けてきました!

結果の通知はまだ届いてないですが自己採点の結果、リスニング、筆記共に一問間違いの97点!!!

【追記】
結果来ました…
なんとまさかの自己採点越えの99点でした…TT


ブランクありでしたが無事に一発合格できたので、使用したテキストや勉強法など紹介したいと思います!

語学堂に通っていたとはいえ、韓国語の勉強は一年以上振り。

どのテキスト購入すればいいのか迷っている人は是非参考にしてみて下さい。

≪ざっくり私の自己紹介≫

社会人4年目で脱OLし、約10ヵ月間(2019年4月末から2020年3月中旬)
ノービザで韓国に渡り人生初めての一人暮らしをはじめる

韓国では好きなことだけをしてエンジョイ(オタ活、カフェ巡り、韓国語の勉強)

現在はコロナの影響もあり一時帰国し、地元大阪でしっぽり生活中

スポンサーリンク

受験前の私の韓国語レベル

参考までに受験の前の韓国語レベルは中の下ぐらいだと思います。

  • 韓国のカナタ語学堂で4級前半まで受講完了
  • ハン検のサイトにある3級のサンプル問題を解いたらギリ7割獲得
  • 3級のレベルテスト(여보세요ハン検)の問題では6~8点は平均で解ける

準2級以降はぐんと難易度が上がると聞いたので、復習と勉強のモチベーションを保つために3級に決めました。

↓カナタ語学堂の体験談と私の韓国語レベルについてはこちらの記事で詳しく書いております↓

まあこんな感じで自分の韓国語能力を伝えるときに基準になるものが無いってのは地味に厄介なので今回受験を決めたってのもあります。

教材はこの2冊のみ

では、私が合格を目指して使用していた教材2冊を紹介します。

教材が多いとどれから手を付けていいかわからず結局買い損ってことにもなりかねないので教材はぶっちゃけ少なくていいと思います。

hanaの韓国語単語“初中級編”ハン検3級レベル

単語帳として使っていたのは、「hanaの韓国語単語“初中級編”ハン検3級レベル

公式サイトに中身や詳細が載っていますので参考までに。(単語帳紹介ページ

単語はもちろん例文と日本語訳など一目でわかりやすい&文字の大きさもGOOD。

1日12語覚えるとトータル70日で消化できる構成になっており、スケジュール管理が苦手な方にとってはありがたい構成になっております。

音声ダウンロードもできるのでシャドウィングやリスニング、書き取りなど使い方多様な優秀!

オススメ点
  • 単語帳以上の使用ができる
  • 持ち運びに便利な大きさ
  • 学習計画が立てやすい構成
  • 索引ができる
  • 発音の変化や活用など簡易的にまとめられている

推せない点は見つからないのですが、敢えて言うなら…

いまいちな点
  • 慣用句などが少ない
  • 試験対策には不十分
  • 文法の勉強が出来ない

単語帳の役割としては十分なので語彙力は補えますが、検定合格のためには単語帳だけではカバーできないかな。
と、次に紹介する問題集を買って使ってみて感じました。

ハングル能力検定試験3級実戦問題集

過去問、実践練習として使用していたのが「ハングル能力検定試験3級実戦問題集

口コミやレビューが少なかったので、届くまで少し不安でしたが、問題数が最多ってのに惹かれてメルカリで安く購入。

公式サイトに詳細説明が載っていますので参考までに。(単語帳紹介ページ

とにかくたくさん問題を解きながら覚えたい!学習したい!という方には超オススメです。

項目も試験問題の出題順になっているので試験問題を想定しながら問題に取り込めるし問題の数が豊富なのでで苦手部分を集中して学習できるのがいいですね。

オススメ点
  • 問題数がとにかく多い
  • 慣用句、語彙、文法など全部を網羅できる
  • 過去問がも二回分入っている
  • ハン検対策のポイントがわかりやすい
いまいちな点
  • 索引ができない
  • 文字が小さく情報量が多く感じる
  • 問題文が難しい

文字が小さく、無駄な装飾が無くシンプルな中身なのは好き嫌い分かかれそうだなーと思いました。私は好きですが…!

もう一ついまいちかな?と思った点は問題文や日本語訳の一部。
「この文章どういう意味?」「もっと訳あるんじゃ…」と思う箇所がたまーにあったり、問題も少し難しい感じがしました。

が、

それが効いたのか、このおかげで本番の試験は凄く簡単に感じました。

正直これやり尽くしたら3級合格間違いなしだと思います。

空き時間に出来るレベルテスト

教材以外に使っていたサイトは2つ。無料だし、問題数も多くないのでスキマ時間にピッタリ。

  1. ハングル能力検定協会 ヨボセヨ!「ハン検」
  2. 韓国語辞書ケイペディア 韓国語試験

自分が何級受けたらいいかわからない人もここで力試しできます!

ながら作業中で見れるYoutube

お風呂入りながら、ドライヤーしながら、料理しながら、ご飯たべながら…などなど
両手が塞がっているときによく見ていたYoutubeチャンネル2つ!

二つ目は文法とその文法を使った例文の紹介をしてくれているので非常にありがたいサイト。

勉強時間と勉強方法

試験までの勉強時間と、テキストを活用した勉強方法などをご紹介。

勉強期間は2ヵ月くらい

  • 勉強期間おおよそ2ヵ月
  • 一日平均1~1.5時間
  • 最初一ヵ月は単語帳
  • それ以降は過去問中心

試験勉強を本格的に始めたのはハン検の応募締め切りの4月末くらいで、それまでは単語の勉強をちょこっとしてたくらい。

5月はほぼ過去問中心に毎日続けられる勉強量でマイペースに進めていました。

毎日無理せず続けることが大事!!!ですからね。

二ヵ月間の勉強法

試験勉強はとにかく書くことを心がけてました。
書くと頭の中も整理されます!

勉強以外の時間も推しのコンテンツでも韓ドラでもなんでもいいから韓国語に触れてる努力を意識していました。

初め一ヵ月ー単語帳中心

単語を書きながら、ぶつぶつ一人発音したり漢字語も一緒に覚えることも意識していました。

単語だけでなく例文を使って文章を書くこともしましたがハン検3級は文章を作る試験が無いので、試験対策としては必要無いかなーという感じでした。

無駄ではないけど試験向けの勉強法ではなかったやつ

過去問集中一ヵ月

過去問は一日4~6ページくらい、時間的には1時間から一時間半。
5月初めから試験前日までに一周と苦手だった慣用句と語彙のみ二周目取り組めました。

時間が取れる方は2周は余裕でできるはずですし、2週したら絶対合格できると思います。

発音】
発音の際の舌の位置と口の形を意識し声に出して覚えていました。
発音のルールを文章の説明だけで覚えようとするといつまでたっても発音できる気がしないの雰囲気やノリで向き合ってました。習うより慣れろ!とりあえずニュアンスでOK!(だと個人的には思います

慣用句、語彙
文法は語学堂で習ったものが多く、苦戦しなかったのですが、慣用句は知らない表現がばかりで焦る。とにかくたくさんの問題を解きながら覚えました
新しく出会った表現はしっかり見返せるように書いて覚える

漢字語
漢字語も書いて覚えまくる。練習問題を解きまくって頻出単語に慣れることが大事。
普段単語を覚える時も漢字は絶対チェックしておきましょう。

問題を解くだけじゃなく問題の選択肢に出てくる単語も全部書く。
漢字語やなかなか覚えられない単語をまとめる

モチベが下がったとき

ほぼ毎日勉強はしていましたがもう韓国語に触れたくねーーーって思う日ももちろんありました。

机に向かって勉強するのは嫌だ!と思ったら、勉強しない代わりに韓国語に触れようとなんとか奮い立たせていましたね…

  • ウェブドラマを韓国語字幕でみる
  • K-POPを聞く、歌詞を見る、歌う
  • 推しの動画を韓国語字幕で見たり聞いたりする

とか、こんなのも勉強の一部として取り入れていました(笑)
韓国語やったらなんでも勉強になるだろうっていうポジティブにとらえてました。

そういうのをしていると意外にも学習した単語が出てきたりして嬉しくなることもあるし、逆にわからない部分が多いと「もっと勉強しなきゃ」とも思えるのでたまには寄り道してみましょう!

明日頑張れるのであれば、今日は頑張らなくていいです。

次はTOPIKを受けてみようと考えているので今からテキスト探しをしようと思ってます!
オススメの参考書や過去問があれば是非コメントで教えて下さいませm(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました