オタク

カムバックって何?K-POP新規でも100%カムバが楽しめる完全攻略法

カムバックの意味や流れを解説しますオタク
スポンサーリンク

「カムバってよく聞くけどなんなん?」

というK-POP初心者に向けて、カムバの意味、流れ、楽しみ方を徹底的に解説してみました!

私自身、2015年からBTSを中心に追ってきたオタクなので数あるカムバを見てきました!

カムバの内容はグループや事務所によってさまざまですが、

「最低限この知識さえあればカムバは攻略できる」

という内容に仕上げているのでK-POP初心者、他界隈から来た新規オタクたち、ぜひ安心して読んでいってくださいませ!

このブログを読めば、カムバの意味、流れ、楽しみ方すべて攻略できるよ!

スポンサーリンク

カムバって何?

「カムバってよく聞くけど何?」

という方のためにカムバと意味と基本情報を説明します!

とにかくK-POPオタクにとってカムバはコンサートの次に沸くくらい大切で重要なイベントなんです!

K-POPオタクになったからにはカムバは全力で楽んでほしい!

カムバの意味と概要

カムバとは…

カムバック(컴백 come back)の略でアーティストが新曲をリリースし、再び活動に戻ってくること

カムバックの活動期間は約1ヵ月で、音楽番組、バラエティー番組、ラジオなどメディアでのプロモーションが活発に行われます。

ファンにとっては、番組の事前収録(サノク)やテレビ局の出退勤でアイドルを直接拝める機会が増えたり、サイン会やテレビ電話(ヨントン)のような推しとの接触イベントが行われるのもカムバックの特徴の一つ!

限られた活動期間で積極的にプロモーションが行われるためファンもこの期間は大忙し!

カムバの頻度は年に1~2回程度なので、少ないように感じるけど(少ないけど!)一回のカムバックにアーティストや事務所たちがどれだけ力を入れているかは、この記事を読むと理解できるはずです!

推しに会える機会、推しを画面で拝む機会、両方増えるのがカムバック!

カムバック以外は何してるの?

  • 「年に数回って、カムバック期間しか仕事してないの?」
  • 「それ以外の時期は休んでるの?」

と思っちゃってる新規のみなさま、安心してください!

カムバしていない=活動休止している訳では無いのです!

しかし、カムバ中に比べると露出が落ち着くのは事実。

カムバック終了後は、

  • 次のリリースに向けて再び制作活動に入る場合
  • ツアーなどの大型スケジュールが行われる場合

この二つのパターンのどちらかになることが多いです!

ファンに見えていない水面下では制作準備やらコンテンツの撮影、ミックステープの準備、ボイトレ、お体のメンテナンス(皮膚科、歯医者、ジムなど)、ダンスの練習などなど…

大型イベントとしてはワールドツアー、イル活(日本での活動)、ペンミ(ファンミーティング)などがあります!

このカムバとカムバの間は空白期間、準備期間と言われていて活動休止ってわけではないです!

この期間も推しは何かしらのスケジュールをしています!

この空白期間にお顔をいじるアイドルもいるとかいないとか…!?

時期別 カムバの楽しみ方

カムバックの意味がわかったところで、次はカムバックの流れについて説明します!

  • 「カムバっていつわかるの?」
  • 「カムバの流れを知りたい!」

そんな初歩的な疑問をこれから解決していきます!

  1. 空白・準備期間(公式発表前)
  2. 直前(公式発表後~)
  3. 当日
  4. 活動中
  5. 活動終了

ここからはカムバックの流れを5つにわけて、楽しみ方と必要な用語などの説明をします!

できるだけ長く推しを楽しむにはカムバックの流れを把握しよう!

【カムバック準備期間(空白期間)】 カムバは見抜ける

Red Velvet Feet My Rhythmのカムバックスケジュール(五線譜上に日程が書いてあってかわいい)

カムバック終了後から次のカムバック開始までの期間は空白期間や準備期間と言われています。

カムバック終了後、制作作業やツアー準備など表には見えないところで働いているので、ファンからすると「今何してんの?」って思う時期がここです。

このふわっとした「空白期間」が過ぎると、そろそろカムバかな?と思われる「準備期間」に突入します。

(もちろんカムバせずツアーに出る場合も!)

カムバックする日は事前に公式発表があるのですが、正式発表を待たずにメンバーの行動や言動から「もうすぐカムバじゃね?」と推測することができます。

例えば、

  • ライブ配信や自撮り写真で髪色を隠している
  • 今日のスケジュールは秘密です!などの発言がある

こういう匂わせがあると、次の活動に向けた準備をしている可能性が高くカムバ準備を本格的に開始していると考えられます!

カムバの正式発表はオフィシャルのSNSで知ることができるので、公式Twitter、Instagram、Weverse、ペンカペ(今もあるのかな?)などのの通知は常にONに!

正式に発表が公開された後は、カムバックスケジュールを把握して小出しに解禁される新しいアルバムの情報を消化していきます。

正式発表前にメディアが先にニュースで取り上げる場合もあります。

公式が出している案内ではないですが事務所に確認し掲載している記事もあるので9割確定だと思っていいでしょう。

例えば最近出たセブチのカムバック記事はこんな感じ

[공식] 세븐틴 측 “5월 발매 목표로 정규4집 준비중”
(訳:[公式] SEVENTEEN側”5月の発売を目標に 正規4集を準備中”)

では公式からカムバ発表がされた場合

  • どこに注目して何が楽しむのか
  • 押さえておきたいカムバ用語

などを伝授していきます!

カムバはある程度予想が付くので常にアンテナを張り巡らせておくのがデキルオタク!

【カムバック直前】 情報処理能力が試される

SEVENTEEN 8th Mini Album ”Your Choice” のカムバックスケジュール

公式発表以降から当日までの期間を「カムバ直前期」として説明していきます!

最近はカムバックまでのスケジュールが一目でわかる画像を公式が用意してくれることが増えています。

このスケジュールに記載されている日時に情報が少しずつ解禁されていきます。

グループによってスケジュールのボリュームは異なりますが、共通してスケジュールに必ず入っているカムバック前に高頻出する用語を紹介します!

知っておきたいカムバック用語①

どのグループにも共通して使われているカムバック用語の解説をします!

オタク同士の会話では当たり前に使われるので、置いてけぼりを食らわないようにしっかり覚えておきましょう!

正規アルバムかミニアルバムかによってスケジュールのボリュームが違うこともあるけど最低限コレが必要って用語のみを紹介するよ!

カムバック用語① Trailer [トレーラー]

Trailer [トレーラー] とは予告動画のこと。

映画の予告動画のような感じで、アルバムの全体のコンセプトやタイトル曲のMVの一部雰囲気がギュッと詰められてる短い動画。

新しいビジュアルはTrailer [トレーラー] で初解禁になることが多い!

カムバック用語② Official Photo [オフィシャルフォト] 

Concept Photo [コンセプトフォト] 、Teaser Image [ティーザーイメージ] 、Image Poster [イメージポスター]

などグループによって言い方はさまざまですが、要するにアルバムのコンセプト(テーマ)に合わせた写真のこと!

個人カットや団体ショットが数日にわけて公開されます。

ちなみにこの写真はアルバムに収録されるフォトブックのビジュアルと同じなのでコンセプト写真の種類=アルバムの形態数になります。

韓国のアルバムは写真集、トレカ、ポストカード、ポスター、ステッカーなどなどデフォルトの作りがめちゃくちゃ豪華です!

それでいて価格は2,000円程度なのでコスパ最高!

日本だと5,000円以上取られるわっていうくらいの豪華さ!日本みたいにプラスチックのケースに入ってることはまず無い!

カムバック用語③ Track List [トラックリスト]

Track List [トラックリスト]とは収録曲一覧のこと。

曲目の横にTitle [タイトル]の文字がある場合はタイトル曲と呼ばれ、活動中にメインで披露する曲のことです。

タイトル曲=活動曲なのでMVがあるのはもちろん、メディアで披露される中心の曲になります!

カムバック用語④ Teaser [ティーザー]

Teaser [ティーザー] はMVの予告動画のこと。

トレイラーはアルバム全般の予告動画を表しているのに対し、ティーザーはタイトル曲のMVの予告動画のことを指します。

ティーザーもいくつかのバージョンが用意されていて数日かけて公開されることが多い!

公開せれるや否やオタクたちは「今回はどんな曲なのかな?」と妄想しつつフル公開までウキウキして待ちます。

ティーザーが公開されると「いよいよカムバだな」と実感してくるよ!

カムバック用語⑤ D-DAY

カウントダウンの時によく使われるD-DAY

元々はアメリカの軍事用語で、重要な攻撃もしくは作戦開始日時を表す際に用いられたらしいです(とても物騒)

それくらいカムバは戦略的でこだわりがあるということ!

  • D-5:発表まであと5日
  • D-1:前日
  • D-DAY:当日、情報解禁日

の意味です。

D-DAYはカウントダウン全般で使われるのでカムバック以外にもコンサート前や何か重要な情報解禁の時によく見かける表現なので覚えておきましょう!

韓国のリリースはアルバムが基本

勘のいいオタクは既に気付いていると思いますが、韓国で音源リリースというとシングルではなくアルバムが基本!

日本ではシングルを複数枚発売してからアルバムをリリースしますが、韓国ではアルバムを出してその中のタイトル曲を引っ提げて活動します。

カムバが年に1、2回程度しかない理由は「リリース=アルバム」と大仕事であるためだとも考えられますね!

ミニ、フルアルバム(正規アルバム)、リパケなど収録曲数はアルバムの種類によって違うよ!

大事なのはコンセプト

カムバックの時にファンが一番注目しているのが「コンセプト」

コンセプトとはアーティストが伝えたいテーマや世界観のこと

どのグループも新譜を出すときには何かしらの決まったメッセージが込められていることがほとんど!

このコンセプトは活動の軸になり今後行われるであろうツアーでも引き継がれ、ツアータイトルになる場合も多いんです!

コンセプトは基本リリース毎に異なりますが、前作と繋がっていたり、グループ全体のコンセプトに沿っていたり、単発のコンセプトであったりアーティストや事務所によって様々なケースがあります。

コンセプトに関する事例の一部を紹介

※深すぎるので軽い説明に留めておきます。

EXO
メンバー全員EXOPLANETという太陽系外惑星から来た設定で12人それぞれ異なる超能力を持っている、というコンセプト

BTS
カムバ毎にストーリー設定がありコンサートもそのシリーズごとに開催
花様年華→WINGS→LOVE YOURESELF→MAP OF THE SOUL

SEVENTEEN
2021年からPower Of Loveというプロジェクトを開始
デジタルシングル”Bittersweet”→ミニアルバム8集”Your Choice”→9集”Attacca”→日本シングル”あいのちから”を通してさまざまな愛をテーマに活動

正直コンセプトに込められた深い部分はわからくてもOK!だけど知っていた方が楽曲に込められた思いやMVの意味など知れて楽しいよ!

【カムバック当日】とにかく忙しい

Stray Kids”MANIAC” 公式から案内される掛け声

さて、いよいよカムバ当日!D-DAYってやつです!

とにかくカムバック初日は供給が多くて忙しい!

見逃さないようにカムバ当日は何があるのか説明していきます。

当日のスケジュール
  • MV解禁
  • 全曲配信開始
  • CD発売
  • 記者会見
  • V Liveでのライブ配信
  • カムバックステージ

カムバ当日は最大でもこれくらいのスケジュールあるのでファンもアーティストも大忙し!

それ以外にもファンは、

オタクの推し事
  • アルバム開封
  • トレカ交換
  • 歌詞和訳
  • 掛け声(公式から出ます)
  • 音源サイトでストリーミング
  • MV再生回数の貢献

初日からオタク仕事もこれだけあるのでとっても忙しいのがわかりますよね!

CDは基本的に発売日以降に届くのでフラゲという文化は無い!音源も当日まで絶対解禁されない!もしそんなことがあったらそれは事故!

【カムバック中】供給多すぎ

つづいてカムバック活動中の基本スケジュールを紹介します!

ここからは積極的なプロモーション活動が行われ、ほぼ毎日何かしらのスケジュールが行われています。

  • 音楽番組
  • バライティー番組の出演
  • ラジオ出演
  • 雑誌やネットインタビュー
  • 海外メディア

などのメディア露出が基本的なカムバのスケジュールです!

【韓国の音楽番組についての基礎知識】

日本でいうMステみたいな音楽の老舗番組がほば毎日放送されています。

音楽番組はランキング形式になっているためステージ披露だけでなく必ず1位のアーティストが発表されます。

1位に輝いた場合は、番組最後にトロフィーの受賞、1位コメントやアンコールステージができるため1位ならではの尺がもらえます!

参考動画 ≫ 人気歌謡 BTS ON 1位 アンコールステージ

1位の条件は、

  • 音源サイトでの再生回数
  • アルバム売り上げ枚数
  • ファン投票

などが元になっているため、ファンは推しのために色々頑張ります。

出演した音楽番組はもちろん、ラジオの映像やバラエティー番組の映像は番組の公式YouTubeで公開されることがほとんど!

  • パフォーマンス映像
  • チッケム
  • リレーダンス
  • 海外インタビューやパフォーマンス映像

韓国のテレビの視聴方法を知らなくてもある程度の映像はネットにあがるので安心。

出演情報を把握できていれば後から見ることは簡単にできます!

アーティストの公式YouTubeでは、

  • MV撮影のビハインド
  • 音楽番組の控え室の映像
  • ダンス練習動画
  • コンセプトフォトの撮影の裏側

などが次々に更新されていきます!

日本だとCDの初回特典DVDで収録されていそうな撮影裏の動画もK-POP界隈でありがたいことに無料で見れる!

カムバ活動中のオタクと推しの交流の場としてはサイン会、ヨントン(テレビ電話)があり、推しを生で見れる現場としては音楽番組の出勤退勤、サノク(事前収録のこと)があります!

知っておきたいカムバ用語②

カムバ中によく使う用語を集めてみました!

覚えておくとYouTubeやSNSで検索するときに便利なので是非活用して下さい!

  1. チョッパン:첫방(最初の音楽番組出演回のこと)
  2. マッパン:막방(最後の音楽番組出演回のこと)
  3. チッケム:직캠(推しカメラ動画)
  4. エンディング妖精(パフォ最後に抜かれ時のキメ顔)
  5. サノク:사녹(事前収録)
  6. ペンサ:팬사、팬싸(サイン会)
  7. ヨントン:영통(お話し会、動画通話)
  8. スミン:스밍(ストーリーミングすること)

オタクの中での共通言語でもあるので最低限この7つくらいは頭に入れておいた方がGOOD!

初心者のうちから韓国語でも日本語でも調べる習慣を付けとくとオタクレベルが上がるよ!

【カムバック終了】祭りの終わり

マッパン:막방(最後の音楽番組出演回のこと) が放送されればカムバック終了のお知らせ!

約1ヵ月のプロモーションを終えると再び空白期間→準備期間に突入します。

音楽番組を2、3週するとマッパンなのでファンは「今週あたりが最後かなー」と予想します。

マッパン後は露出が減るのでファンとしてはめちゃくちゃ寂しくて虚無感が襲ってくるのですが

「一緒にカムバを盛り上げれた!カムバ楽しめた!」

という謎の達成感もあります。

カムバの楽しさは一度味わうとやめられない。

カムバってお金かかるの?

オタクが一番気になっているであろう

「カムバって金かかるの?」の疑問に答えます!

結果から言うと、

カムバ期間はお金をかけるほど推しと会える機会が増えるのは事実だけど実質タダでも楽しめる!

といったところです。

また、茶の間オタク、現場オタクによってお金のかけ方が変わってくるのでそれぞれわけて説明します!

推しとの距離感、オタ活の価値観は人それぞれ!自分のペースで追ってこう!

茶の間のオタク

茶の間のオタクがカムバックで必要なお金はCD代くらい!

実際に円盤も買わずサブスクだけで聞いているオタクは多いです。

なのでお金をかけずにカムバを楽しもうと思えばゼロ円でも十分楽しめます!

音楽番組の動画、出退勤の写真、テレビ番組、インタビュー、公式からの供給…などなど無料のコンテンツは山ほどあるのでネットさえ繋がっていれば楽しめます!

収集癖のあるオタクはトレカ集めるのにお金はかかるけどね!

現場オタク

現場にお金をかけたいタイプのオタクにとってカムバックは最高のチャンス!

サイン会、ヨントン、音楽番組の出退勤(要するに出待ち)、サノクのようなイベントに参加するには、

  • 旅費
  • サイン会やヨントンで積むCD代
  • 代行費
  • 撮影用のカメラ代

もろもろお金が発生するので、ある程度まとまったお金が必要なのは想像できますよね!

価値観の違いにはなりますが、金をかければかけるほど推しとの距離が近くなるのは事実

※注意※ 現場イベントは自分から情報収集しない限りほとんど入って来ないしオープンにできない情報が多い!新規はまず経験を積もう!

コンセプトとツアー

コンセプトの説明の時にちらっと話にでましたが、アルバムとツアーのコンセプトを同じにしているアーティストも多いです。(BTSは実際にそう)

  1. 新しいコンセプトで数回カムバック
  2. 同じコンセプトのツアーがある可能性が高い
  3. コンサート、ツアーに向けた金が必要

なので現場派のオタクはカムバック期間は楽しみつつ、今後の予定に注意してお金の準備を始めます。

みんなにとってカムバックの目的

カムバックの目的は大きく2つ!

  • 音楽番組1位獲得
  • 話題性

ファン、アーティスト、事務所の共通の目標は音楽番組1位を獲ること!

音楽番組での1位獲得はグループの実績に繋がります。

たくさんの番組でいくつも1位を獲ることによって大衆人気も得られ「カムバするたびに1位になるアーティスト」という人気指標に繋がります!

同規模のファンダムを持つグループ同士のカムバが被ってしまうと1位争いが激しくなるため、一般的にカムバの時期は被らないようにタイミングを工夫しています。(ファンの流動も見込みづらい)

グループの規模関係なく、とにかくカムバックで1位を狙わないアーティストはいないです。みんな本気です。

もう一つの目的は話題性!

カムバックは年に数回しか行われないためファンは常に今か今かと待っている状態。

新しいコンセプト、ビジュアル、ティーザーなど細部にまでこだわったプロモーションをすることによって情報解禁ごとにファンがSNSで話題にしてくれます。

友達の投稿によって、「もうすぐこのグループがカムバするのか!」と、ファンでない人にも話題を提供できているわけです。

カムバックは話題性、インパクト、それを超える曲とパフォーマンスが求められる!

話題性の一つに新人グループが大物グループとカムバを被せる手法もあります。

大きなファンダムに名前を知ってもらえるというメリットがあるからです。

2022年4月に4年ぶりにカムバックするBIGBANと去年デビューしたばかりの新人IVEのカムバが被っていることは既にK-POP界隈では話題になっています!

どのような相乗効果が生まれるのか今から期待大!

カムバックはタイミングが命。最近のBTSはカムバでは無双状態のためどのグループも被せてこないよ!

カムバはリアルタイムで楽しむもの!乗り遅れると損!

いかがだったでしょうか?

「カムバって何?」

というK-POP初心者に向けて、カムバの意味、流れ、楽しみ方を徹底的に解説してみました!

初心者だと追いつけないくらい情報過多なのがK-POPのカムバック!

年に数回しかない貴重なカムバックを全力で楽しんでオタ活を充実させましょう!

コメント